ギター初心者教室:ギター初心者の練習を楽しくするライブアースミュージック

ギター初心者がクロマチックトレーニングを練習してみた4日目

ギター初心者がクロマチックトレーニングを練習してみた4日目

ギター練習

 

クロマチックトレーニングの4日目

さてさてクロマチックトレーニングもいよいよ4日目ということで、後半戦になって参りました。調子はどうすか?

→ 1日目の解説はこちら

→ 2日目の解説はこちら

→ 3日目の解説はこちら

 

 

画像を使って分かりやすく解説してみた

 

これまでは6弦なら6弦を4本とも押さえる、というような横一列の押さえ方で練習をしてきました。覚えてます?

今回はこれまでと違って4本の指がそれぞれ違う弦を押さえる、イメージとしては階段のような押さえ方をします。

 

人差し指で「6弦の1フレット」を押さえる

ギター 練習

 

中指で「5弦の2フレット」を押さえる

ギター 練習

 

中指で「4弦の3フレット」を押さえる

ギター練習

 

小指で「3弦の4フレット」を押さえる

ギター練習

 

という感じで人差し指から順番に斜め下に向かって押弦していく、という練習です。これ実際やると結構しんどい。

思ったように指が狙った弦を押さえてくれない、という状態に初心者の人はなると思うんですよね。ちくしょうめ。

 

この練習で日常生活の中ではまずやる事のない指のフォームを作ることになります。実はこれが良い練習なんです。

普段使わないような指のフォームを作るってことは、それだけ普段使わない神経をフルに使ってることになります。

ギターが上達する上でぶつかる大きな壁として「こんな動きできねーよ!」とか「こんな押さえ方無理だろ」とか。

 

 

だからあえて出来ないことを練習する

 

これすごく重要だと僕は思うんですよね。だって出来ることだけやってたって、上達なんてするわけないですよね。

こんなの無理っしょ。ってのを根気よく繰り返してるとあら不思議。気がついたら出来るようになってるもんです。

最初めっちゃイライラしますけどね。でも何かできないなりに練習してると誰でもできるようになると思うのです。

 

 

クロマチックトレーニング4日目のポイント

 

今回のポイントとしては「指を離さない!」って部分なのかなーと。人差し指から小指まで頑張って押さえたまま。

この我慢が指のいいトレーニングになるみたいですね。要は筋トレと同じです。もう根性論ってことで大丈夫すか?

この練習で難しいのは、実は右手のオルタネイトピッキングにもあります。弦を弾く時に初心者は外しちゃうはず。

 

慣れないうちは右手はダウンピッキングだけで弾くのが良いと思います。慣れてきたらオルタネイトピッキングで。

小指を押さえるまで最初に押さえた人差し指を頑張って我慢する。それを順番に1フレットずつ横に移動していく。

 

といった感じで4日目はここまで!前回のバタつきに気をつけようとは逆に今回はしっかり固定してあげて下さい。

ではでは、また次回をお楽しみに!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


« »