ギター初心者教室:ギター初心者の練習を楽しくするライブアースミュージック

ギターの種類を覚えよう!ギブソン「ES-335」

ギターの種類を覚えよう!ギブソン「ES-335」

ギブソン「ES-335」画像

 

ES-335

ES-335とは、1958年にギブソンから発売された世界初のセミアコースティックギターと呼ばれるモデルです。

 

 

セミアコースティックギターとは

 

まずアコースティックという名前がついていながらセミアコースティックギターとはエレキギターに分類されます。

この部類のエレキギターは大きく分けて2種類あり、もう一つフルアコースティックギターというものがあります。

 

フルアコとセミアコ

上の2つのうち、ボディの中が完全に空洞になっているタイプのものがフルアコースティックギターと呼ばれます。

対して、ボディ内部ピックアップの下辺りにセンターブロックという木のブロックが設置されているタイプのものが

セミアコースティックギターです。このギブソン[ES-335]は後者のセミアコースティックギターに部類されます。

 

ギブソン「ES-335」画像

 

ES-335という名前の「ES」とは「エレクトリック・スパニッシュ」の略です。スパニッシュって名称が鍵ですね。

要するにエレキだけどアコースティックギターだお。ってことですね。ムカつきました?あはは。お気になさらず。

 

 

普通のエレキギターと何が違うの?

 

前述にあるように「セミアコースティックギター」とはエレキギターなのにボディに空洞がある特殊なギターです。

普通、エレキギターのボディには空洞なんてありませんよね?自分のを持っていたらちょっと確認してみて下さい。

ボディに空洞があるタイプのギターで思いつくのは、アコースティックギターだと思います。サウンドホールです。

 

ボディに空洞があるだけで音色が変わる

アコースティックギターはボディに空洞があることで、ギター本体の中で音が反響して美しい音色を奏でています。

中で反響して増幅した音をサウンドホールを通して外に出すことで、大きな音が出るという仕組みになっています。

 

アコースティックギター「サウンドホール」画像

 

要するに「セミアコースティックギターとは」エレキギターでありながらアコースティックギターの構造や特性をも

持ち合わせたエレキギターということが言えます。エレキギターなのにアコースティックギターなんて、変テコね。

 

音色は空気に触れることで大きく変わる

通常のエレキギターと比べて、ボディに空洞がある構造を持っていることでギターのボディ内部で音が反響する時に

空気に音が触れる仕組みになっています。音が空気に触れることでアコギのような温かみのある響きになるのです。

よく使われるのはジャズなどのジャンルで、エレキギターでありながらアコギのような音を出したい時に使います。

 

 

セミアコースティックギターの構造について

 

セミアコースティックギターのボディ構造自体はメイプル材のトップ・バック・サイド(リム)からなる中空構造で

アコースティックギターと同じ作りですが、ボディ内部のピックアップ下辺りに少し変わった構造を持っています。

 

セミアコ「fホール」画像

 

前述にある「センターブロック」と呼ばれるメイプル材の板が挟み込まれていてアコギの様にサウンドホールはなく

代わりにヴァイオリンなどの様な「fホール」と呼ばれる穴が両サイドに空けられています。写真を見て頂ければと。

 

ES-335であなたもしゃれおつギタリスト

何かしゃれおつな穴が空いていたらセミアコかフルアコか。ちなみに「fホール」が空いたギターは他にもあります。

フルアコかセミアコかで外観的な違いは非常に区別がしにくいので、楽器屋さんにいったら穴を覗いてみて下さい。

「fホール」を覗いてみてピックアップの下の方にセンターブロックが挟み込まれていたら、それはセミアコでしゅ。

 

ギブソン「ES-335」画像

 

またES-335のピックアップはハムバッカー(レスポールについてるタイプのピックアップ)が2つ搭載されていて

それぞれに独立したボリュームとトーンのコントロールポットが搭載されています。くるくる回す感じのあれです。

 

 

ES-335のサウンドの特徴

 

現行品のギブソンから発売されているこの「ES-335」モデルでは、ギブソン社純正のハムバッカーピックアップの

「57’classic」や「Burst Backer 1&2」が搭載されています。特徴としてレスポールの音に近いイメージでしょう。

 

ギブソン「レスポール」画像

 

上記にあるような特有の構造から、レスポールやストラトなどのソリッドギターよりも甘い響きを持ったギターで

「程よくハリと丸みのある音」を奏でてくれます。エレキという機械音でありながら、太く温かい音が出るのです。

 

同時にアコースティック特有の箱鳴り感(言葉で伝えづらいですが、中で反響している空気感のような感じの音)」

を併せ持ったバランスの良いサウンドを奏でます。この音、個人的にとっても好きです。聴いてもらいたいですね。

 

バックトゥザフューチャー「ES-335」画像

 

そして何より素晴らしい点は、基本構造がアコースティックでありながらもソリッドギター(空洞がないボディ)

のような「サステイン(音の伸び)」を得ることができて、かつハウリング(ノイズ)が少ないという柔軟性です。

 

ハウリングとは何ぞや

ハウリング(キーンという音)は基本的には良くない現象として扱われますが、意図的に使われることもあります。

なぜこの現象が起こるかと言うと、スピーカーから出た音をマイクが拾い、その音が再びスピーカーから出るという

音の循環(ぐるぐる回ってしまう現象)が繰り返されてしまうからです。カラオケのキーンという音がそれですね。

 

カラオケ「ジャイアン」画像

 

アコースティック構造のエレキギターはボディの中で音を増幅させる特性を持っているので、このハウリング現象が

出やすくなってしまいます。がしかしセミアコはセンターブロックがあるためハウリングが起こりにくくなります。

センターブロックがピックアップ下にあることで、内部での音の反響をフルアコよりも少し抑えることができます。

 

エリッククラプトン「ES-335」画像

 

これらの幅広いサウンド特性や、フルアコに比べて扱いやすく色んなジャンルに対応できるギターであることからも

今日ではロック・ポップスなどジャンルを問わず非常に幅広く使用されています。ロックも弾ける万能ギターです。

個人的にはジャズやブルースなどにとても合うと思います。音に深みがあり、味のあるサウンドがとても好きです。

 

以上、ギブソンの「ES-335」に関する解説でした。ちなみにエルレのギターやしゃんペのギターはES-335だお!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


« »