ギター初心者教室:ギター初心者の練習を楽しくするライブアースミュージック

ギターの種類を覚えよう!ギブソン「レスポール」

ギターの種類を覚えよう!ギブソン「レスポール」

?????

 

レスポール

レス・ポール・モデル(Les Paul Model)は、ギブソンが1952年から製造・販売を行っているエレキギターです。

 

 

まずは代表的なギターの種類を2つ覚えよう

 

フェンダーのストラトキャスターと並びエレキギターを代表する2台巨頭として有名なモデル。とにかく渋い!

ギターの種類が全く分からない、という人は取りあえずこのギブソン「レスポール」を最初に覚えちゃいましょう。

ギブソンというのは会社名です。ギブソンというメーカーが作っているレスポールというモデルのギターですね。

wGDlGFmNkWQy17t1368968369_1368968421

余談ではありますが、公式に「レスポール」という名でこのモデルを販売しているのは

ギブソンおよび、その子会社のエピフォンだけです。その他のメーカーではコピーモデルとして販売されています。

 

アメリカのギタリスト、レス・ポールのアーティスト・モデルであり本来は「レス・ポール・モデル」と呼びますが

日本では「レス・ポール」という名前で親しまれています。レスポール派とストラト派に分かれることがよくある。

 

 

レスポールの種類と使っている木の種類について

 

レスポールにも色々と種類があります。中でも最も有名なのは「スタンダード」や「カスタム」というモデルですが

その他に「スタジオ」「クラシック」「ジュニア」「スペシャル」など、数多くのモデルが存在します。

 

WPRS2PDXR0xEPGr1368969305_1368969356

 

スタンダードモデルのボディ木材は基本的にはマホガニーバック、メイプルトップでできています。木の種類です。

木の種類が変わると木目が異なるので単純に見た目のデザインが変わります。ちなみに写真はメイプルトップです。

またボディの素材に使う木の種類が変わることでボディの中の音の反響も変わります。木で音は全然違うものです。

 

レスポールは基本トップ(表側)にメイプル、バック(裏側)にマホガニーという組み合わせで作られています。

2枚の木を張り合わせているわけですね。この組み合わせこそがレスポールのサウンドの要とも言えるでしょう。

 

 

レスポールのサウンドの特徴

 

「太く」「パワフル」、かつ音作りによって色々な表情を見せ幅広いジャンルで愛されているレスポールですが

このサウンドに欠かせないもう一つの要素はやはり「ハムバッキング・ピックアップ」ではないでしょうか。

ピックアップというのは簡単に説明すると、ギターを弾いて鳴らした音を拾って電気信号に変えるパーツのこと。

 

DV016_Jpg_Large_H68350

 

ハムバッカーのピックアップから鳴らされるサウンドは、とてもパワフルで図太いロックなサウンドが特徴です。

ざらざらとした荒っぽいエレキギター特有の激しい音を出したい人にはピッタリのギターかもしれません。

 

ハムバッキング・ピックアップについて

発売当初はストラトなどとは違う「P-90」という大きなシングルコイル・ピックアップを採用していましたが

57年モデルからセス・ラヴァー氏の開発した「P490」というピックアップが採用されることになりました。

これが事実上、初めて世に出た「ハムバッキング・ピックアップ」と言われています。

 

オリジナル(当時作られた物)は裏面に「PATENT APPLIED FOR」という刻印の入ったシールが貼り付けられ

「PAF(パフ)」という呼び名で知られていてます。パフって何かカワイイですね。いらないか、この解説。笑

 

paf14

 

リプレイスメント(交換用)ピックアップのメーカーはこれを忠実に再現しようとコピーモデルを研究し制作中。

ノイズ(ビリビリした感じ)を軽減する代わりにシングルコイルよりも高音にトゲのない甘い音になっています。

音量も大きくなってしまうという副作用もありましたが、それさえも長所・特徴として魅力の一部となっている。

 

 

レスポールの歴史

 

今でこそエレキギターの代表的存在レスポールですが、1952年の発売当初は重過ぎて弾きにくいという意見や

パワーがあり過ぎるなどの理由であまり人気がありませんでした。

 

不人気からの不動の地位の確立

しかし時代が経つにつれて、そのパワフルな音が高く評価されるようになり様々なギタリストから愛されることに。

1952年〜1960年までに作られたものがオリジナルモデルと呼ばれていて、特に1958年~1960年に

作られたサンバーストカラーモデルは生産本数も非常に少なく、かつ高級な材をふんだんに使用していました。

50年代でも特に人気が高くプレミアが付いていて、現在ではエレキギターの中でも最も高額で取引されています。

 

レスポールの魅力や歴史はそれだけで専門書が何十冊も出ているくらい広く、そして深いものです。レスポール神!

まとめると、世界中で愛されている「エレキギターの代表的存在」であるということがお分かり頂けたでしょうか。

 

 

「けいおん」の平沢唯ちゃんが愛用している「ギー太」だお!!

 

あの名作アニメ「けいおん」の主人公でもあり、その天然キャラぶりが日本中を魅了した主人公の平沢唯ちゃん。

その唯ちゃんが作品中で使用しているギターがこのレスポール。カラーはヘリテイジ・チェリー・サンバースト。

 

その名も「ギー太」

 

8HnTcqPn9RVbIVr1368959172  38406

 

ちなみに価格はかなりお高いものになっているので、唯ちゃんと同じギターが欲しいという人は貯金をしよう!

以上、ギブソンの「レスポール」に関する解説でした。レスポールで覚えられなければギー太で覚えましょう。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


»