ギター初心者教室:ギター初心者の練習を楽しくするライブアースミュージック

ギターの種類を覚えよう!ギブソン「SG」

ギターの種類を覚えよう!ギブソン「SG」

ギブソン「SG」

 

SG

SG(エスジー)はレスポールで有名なギブソン社が1961年のニューモデルとして発表したエレキギターです。

 

 

最初はレスポールとして発売されたSG

 

名称の「SG」はSolid Guitar(ソリッド・ギター)の略称。ソリッドボディという空洞のないタイプのギターです。

ソリッド・ギターは、フルアコやセミアコが木材を貼り合わせたボディ構造で作られているものであるのに対して

ソリッド(中身の詰まった)という言葉の通り、中身に空洞を持たない構造で作られたボディタイプのギターです。

ギブソン「SG」

ボディに空洞がないので共鳴部(音が反響して増幅する空間)をもたないために器具の追加、交換が極めて柔軟で

多くのバリエーションを生んだエポックメイキングなエレキギターです。レスポールやストラトもこのタイプです。

空胴なく作られた「ソリッド・ボディ」のエレキギターは、空洞があるタイプに比べて引き締まった音を出します。

 

SGというギターが登場した背景

元々はレスポールの新モデルとして軽量化やハイポジションの弾きやすさなどを考慮して開発されたギターでした。

ギブソン社を代表するレスポールの後継機種ということもあり最初は「レスポール」という名称で発売されましたが

ギタリストのレス・ポール氏とのエンドース契約が切れて、現在の「SG」という名称になったと言われています。

 

レスポールはもともと製造コストが高く、50年代後半になるとフェンダーに比べ販売台数も落ち込んできました。

さらに同時期フェンダー社からテレキャスターが発売され、フェンダー社がギブソン社から流れを持っていく事に。

この時期ギブソン社が発売するギターが時代遅れと評価されてしまったためです。ビジネスとなると難しいですね。

 

ギブソン「レスポール」画像

 

ギブソン社はレスポールが抱えるそれらの問題を解決するためモデルチェンジを施した「SG」を発表するのです。

なぜレスポールやストラトもソリッド・ボディのエレキギターなのに敢えてこのモデルを「SG」と名付けたのか?

それはギブソン社が当時「これぞソリッド・ボディの極みだ!見たかフェンダー!」という思いを込めたのかも。笑

 

 

SGのボディ構造とレスポールとの違いについて

 

ボディ構造はコスト面や軽量化を意識してか、レスポールのようにメイプルトップ+マホガニーバック構造ではなく

レスポールに比べて厚みの薄い「SG」はマホガニー単板で作られています。マホガニーは音が太い点が特徴です。

 

ギブソン「SG」

 

「SG」はボディの重さとヘッドの重さのバランスが、レスポールと違って全体の重心がヘッド側に偏っています。

そのため肩からかけた状態で立って演奏する時に、手で支えていないとヘッド側が落ちてしまうというクセを持つ。

逆に言うと、それだけ他のエレキギターに比べてボディが軽いという特徴を持つのが「SG」というギターですね。

 

SGのブリッジについて

SGのブリッジには初期のモデルと現行モデルで大きな違いがあります。おそらく多くの人が現行モデルでしょう。

ブリッジとはネック側のナットと合わせて、ボディ側で弦をピーンと張って固定するために取り付けらたものです。

このブリッジがあるおかげで弦とフレットの距離が一定に保たれていて、音の微調整をする役割を果たしています。

 

ギブソン「SG」ブリッジ  62sghead

 

SGにはトラスロッドカバーに「レスポール」という文字の入った初期モデルと、その他の現行モデルがあります。

トラスロッドとはネックの中に入った金属の棒のことでネックの反りの調整をする際に使用するパーツのことです。

レスポールはトラスロッドがむき出しのストラトタイプ(年式によって異なる)と違って、トラスロッドにカバーが

付いています。そのカバーに「レスポール」という名前が入った時期のモデルが、いわゆるSGの初期モデルです。

 

サイドウェイアームとは

初期の「レスポール」と呼ばれていた時期のモデルには標準でブリッジに「サイドウェイアーム」と呼ばれるアーム

が付いていました。アームとはブリッジに手で力を加え弦の張りを緩めて音程を低くしたりするためのパーツです。

 

ギブソン「SG」サイドウェイアーム

 

それに対して現行モデルのSGにはこのサイドウェイアームが付いていません。初期モデルを持っている人は非常に

少ないかと思われます。いわゆるレアものってやつ。現行モデルにもアームが付いているタイプのSGはありますが

サイドウェイアームが付いているSGは現在ではほとんど見つからないかと思われます。あぁ欲しくなってきたわ。

 

 

SG好きならココに注目ゥゥウウウッ!!

 

現在2013年時点でギブソン社より現行品として販売されているモデルには1961年発売当初のオリジナルに

近い仕様の物と、1966年にモデルチェンジされた後の仕様になっている物があります。マニアックな話ねぇ。

細かい所は諸々あるかとは思いますが、パッと見てすぐに違いに気づく所があるんですよね。分かる人いますか?

 

ち・が・う・の・は?

ピックガードの大きさなのです!!通称「スモールピックガード」と「ラージピックガード」と呼ばれています。

「ラージピックガード」ではボディ左側まで覆うようになっているためピックアップやブリッジをピックガードに

セットした状態でボディに取り付けられることから製造の手間を省けて結果的にコストを抑えることができます。

 

ギブソン「SG」スペシャル

 

そのため価格的にも安くなっていて手に入れやすいモデルに採用されています。現行モデルはラージタイプです。

それに対して「スモールピックガード」が採用されているモデルでは「エスカッション」というパーツをボディに

はめ込んでピックアップを取り付けてあり、ブリッジもボディに直接取り付けられています。知っとくといいお!

 

ギブソン「SG」

 

また60年代初期のトラディショナルな仕様の再現モデルでは、ピックアップも「57’Classic」が採用されていて

ルックス・サウンド共にヴィンテージのギブソンに近い物になってます。ヴィンテージって名前だけでシビれる!

 

SGのピックアップについて

ピックアップは基本的にハムバッカーが2基搭載されていますが、レスポール同様にCustom、Junior、Specialなど

様々なモデルがあって、ハムバッカー3基のものや「Pー90」ピックアップ1基のもの・又は2基のモデルなど

豊富なラインナップがあります。これらの大きな違いは出せる音のバリエーションが異なってくるということです。

 

 

SGのサウンドの特徴について

 

サウンドの特徴としては音に「ハリ」があり軽快で、レスポールよりも高音の抜けが良く、音の厚みは少ない印象。

ピックアップとの組み合わせにより多少音の赴きも変わり、出力高めのハムバッカーと組み合わせれば荒々しく歪み

「Pー90」などのピックアップが付いていればタイトで歯切れの良い「ジャキジャキ」したサウンドになります。

 

「ヘッド落ち」という名の現象

前述にあるように「SG」は他と比べボディーが軽量であるため、ヘッドの重みでヘッドが下がる傾向がありますが

ボディが薄いためネックジョイント部分をほとんど気にすることなく最終フレットまで弾ける演奏性の良さを持つ。

この点は特筆すべき部分で、特にボトルネックを使用するスライドギタリストには演奏しやすい構造かと思います。

 

ボトルネック

 

スライドギターとは、弦が指板やフレットから浮いた状態で移動させピッキングした音を出す演奏技法のことです。

ボトルネックの名演奏者には「SG」を使用している人が多いのも最終フレットの弾きやすさを持つからでしょう。

見た目やサウンドからハードロック向きかと思われがちですがブルースギタリストにも使用者が多かったりします。

 

ACDC2

 

映画「スクール・オブ・ロック」の主人公デューイのモデルとなっている「AC/DC」のアンガス・ヤングのように

抱えるとステージ上で暴れだしたくなる衝動に駆られるのは僕だけでしょうか!?今日はロックンロールだぜ!!

 

以上、ギブソンの「SG」に関する解説でした。黒のカラーが何度見てもバットマンギターにしか見えないのだよ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加


« »